必見!一流の海外医薬品!日本で無名の有名薬!

ED治療薬:バイアグラ、レビトラ、シアリス

ED治療薬とは、ED(勃起不全)の治療に用いる医薬品です。
つまり、男性の勃起をサポートしてパートナーとの性行為を助ける目的の医薬品です。
日本で認可されているED治療薬には、バイアグラ、レビトラ、シアリスがありますが、それらを総括して「PDE5阻害薬」と言います。
勃起不全の理由として、血管の拡張が阻害される酵素(PDE5)の大量分泌があります。
そこで、「PDE5阻害薬」は文字通り、勃起不全の原因となるPDE5を阻害する働きをすることで機能を正常化させてEDを改善します。
世界で初めて誕生したED治療薬は1998年にアメリカのファイザー社が発売したバイアグラです。
バイアグラはそもそも狭心症の薬として開発されていたものが、臨床試験の途中で本来の効果よりも勃起効果がのほうが高く認められたということで誕生した偶然の産物です。
そのため、心臓疾患を持つ人、血圧異常がある人など特定疾患を持病に持っている患者さんは服用できません。
また、ほかの医薬品との飲み合わせもありますので、安全に服用するためには医師の診察が必要です。
ちなみに興奮剤や媚薬の類にも勘違いされることがありますが、れっきとした医薬品ですので健康な人であっても、もちろん用法・容量を守って正しく服用していかなくてはなりません。
バイアグラ、レビトラ、シアリスは、それぞれ服用できる用法に違いがあり、効果の現れ方にも差があります。
バイアグラは25㎎と50㎎のみの処方、レビトラとシアリスは10㎎と20㎎の処方になります。
いずれも1日1回の服用が限度です。
基本的な効果については、バイアグラは空腹時の服用が勧められており、持続効果時間は3~5時間程度です。
レビトラは標準的な食事(700kcal以内でその内の脂肪割合が30%以内)なら食後の服用も可能、持続効果時間は4~10時間です。
シアリスは800kcalまでの食事なら食後の服用も可能、時速効果時間は24~36時間です。
効果だけを見ればシアリスが一番高い効果を発揮しそうですが、体質にもよるのでどのED治療薬がいいかは一概ではありません。
また、副作用はED治療薬の血管拡張作用から頭痛、ほてり、鼻閉、消化不良などが多く報告されています。
基本的には強い副作用はないものの、これも体質によるのでやはり一概ではありません。
安全に利用するには、いずれにしてもクリニックを受診して処方してもらうことが重要でしょう。